クラシックギター教室を探す際の注意点

ギター教室の1つにクラシックギター教室があります。クラシックギターは、他の種類とは異なり、ネックの幅が広いなど初心者には引きにくい面がありますが、その音色は美しく、簡単な曲でも1曲弾けるようになるだけで大きな喜びを感じることができます。弾けるようになるには独学で行う方法もありますが、クラシックギター教室を利用した方が早く習得をすることができ、なによりも基本から覚えることができるようになります。クラシックギターを習う場合には、まず、最も大切なものとして講師の質があります。特に初心者の場合には重要になり、丁寧に教えてくれる教室を選ぶことが大切になります。2つ目としては料金があります。クラシックギター教室は、大きくは個人で行っている場合と、大手楽器メーカーなど大きな規模で行っている場合との2つがありますが、申込では、内容を良く確認した上で判断をする必要があります。

レッスン料に関する注意点について

クラシックギター教室では、そのほとんどは、個人か大手による運営とのどちらかによって行われています。申込をする場合にはレッスン料を良く確認した上で判断をする必要があり、ここでは、回数、時間、レッスン内容の3つのポイントを抑えておく必要があります。料金は、教室によって異なるものの相場としてはマンツーマン方式で、個人では4,000~4,500円、大手の場合には5,000~5,500円程度となっており、時間としては、概ね50分程度の1レッスンとなります。大手の方が高いのはスタジオ代を始めとして教室運営に経費がかかることがあり、その点、個人の場合には自宅などで行うことも多いことから、その分安くなります。もう1つの注意点としては、教室のある場所があります。通うのに時間がかかる教室を選んだ場合には交通費がかかることになり、なによりも習得に強い意志も必要になってきます。

レッスン方法にも注意が必要になります。

クラシックギター教室にはタイプがあるために、申込みでは注意が必要になります。教室によっては体験レッスンを受けられるところもあり、初めての場合には一度経験をしてから判断をすることも1つの方法となります。クラシックギター教室には、ほとんどクラシックの独奏曲を教えている教室、独奏曲の他に二重奏やアンサンブル、他の分野の曲も教えている教室、アンサンブル主体の教室、アコースティックやエレキギターも同時に教えている教室などがあります。クラシックのみを独奏曲で演奏をしたい場合には専門の教室を選ぶ必要があり、その理由としては、教える側がクラシックギターの高い技術を有している場合が多いことがあります。初心者の場合には敷居が高い選択になりますが基礎から専門的に学びたい場合にはベストな方法になり、楽器の選び方など、他の内容に関しても詳しくアドバイスを受けることができます。