良いクラシックギター教室の特徴とは?

クラシックギターを習得するには、クラシックギター教室で学ぶことが一番の近道です。なぜなら、クラシックギターはエレキギターなどと比較すると、とても繊細なテクニックを必要とするからです。具体的には、エレキギターのテクニックは、早く弾くことであったり、アンプから出力される音をコントロールすることを学びます。一方、クラシックは生音での表現力が必要になるため、左手のフォームはもちろん、右手の役割がとても重要になりますので、目の前で講師が弾いているのをなぞることによって、初めてどういった指の動きをしているのかが理解できるのです。したがって、教本やDVDを用いた独学で学ぶことは極めて難しいと言えます。また、講師にとってもクラシックギターは教えることが難しいジャンルですので、本当に上達するにはクラシックギター教室の選び方がポイントになります。

クラシックギター教室のレッスン方法について

クラシックギター教室のレッスン方法は、おおまかにマンツーマンかグループの2とおりに分かれています。レッスンの内容は同じですが、マンツーマンであれば、時間中は自分のわからないことは何度でも質問できますし、自分の悪癖などを徹底的に指摘してもらえるメリットがあります。一方、グループの場合には、自分の質問は限られますが、自分と同レベルの人の演奏を見たり聴いたりすることによって、自ずと演奏の良し悪しが自分で判断できるようになりますし、他の人に負けたくないとの思いから、上達したいという気持ちを強く持つことができます。したがって、初心者のうちはマンツーマンで指導してもらい、ある程度上達できたらグループレッスンに変更することをおすすめします。特に中級以上の人は、グループレッスンを通じて友人もたくさんできますから、サークルに発展することもあります。

良いクラシックギター教室には良い講師が揃っています

良いクラシックギター教室とは、講師の力量に負うところが大きいのですが、まず、講師の演奏スキルが高いことが絶対条件になります。講師の中には、演奏活動を行っている人もいますが、こういった人前での演奏経験が豊富な講師は、表面上のテクニックだけでなく、人を魅了する表現力の付け方を知っている人が多いので様々なことを学ぶことができます。また、初心者には初心者の目線で、ポイントを絞ったアドバイスができる講師がベストです。兎角、自分が演奏できるようになると、同じレベルで話す人がいますが、これでは講師とはいえません、自分が初心者だった頃の事を思い出し、どういったところで苦労し、どうやって克服したのかをわかりやすく伝えることができないと、生徒はついていけません。つまり、良いクラシックギター教室とは、経験豊富な上、初心者目線で的確な指導ができる講師を数多く有していることが最大の特徴なのです。